ぼけ封じ近畿十楽観音霊場
私達は色々な道を歩いてきました。
楽しい道、愉快な道、悲しい道、つらい道、色々な道を一生懸命歩いてきました。
今ここに十のお寺にぼけ封じの観音様がおられます。
私達がこの道を希望と生きがいと明るさを携えて歩める様にいつも微笑んでおられます。
観音様は大きな光。
観音様は大きなお慈悲。
私達が皆共に心も体も健康で楽しい日々を過ごせる様に十楽観音霊場へお誘い合わせてお参りされることをお祈りし、お待ちしております。
合掌
観音さまの十大願

南無大悲の観世音。願くは、我れ速に一切の法を知らむことを。
南無大悲の観世音。願くは、我れ早く智慧眼を得む。
南無大悲の観世音。願くは、我れ速に一切の衆を度せむ。
南無大悲の観世音。願くは、我れ早く善方便を得む。
南無大悲の観世音。願くは、我れ速に般若船に乗ぜむ。
南無大悲の観世音。願くは、我れ早く苦海を越ることを得む。
南無大悲の観世音。願くは、我れ速に戒定道を得む。
南無大悲の観世音。願くは、我れ早く涅槃の山に登らむ。
南無大悲の観世音。願くは、我れ速に無為の舎に會せむ。
南無大悲の観世音。願くは、我れ早く法性身に同ぜんことを。
※ この十大願を心に念じてお参り下さい。
第一番 新那智山 今熊野観音寺
住所/京都市東山区泉涌寺山内町
TEL.075-561-5511
交通案内/市バス泉涌寺道東へ500m
京阪電車東福寺より800m
ご案内/平安時代に弘法大師が開創された名刹で御本尊の十一面観音様は古くから厄除開運、特に頭痛封じ、智恵授かりの「頭の観音様」として信仰されている。
西国三十三ケ所第十五番札所。
当山の特別授与品「枕宝布」(枕カバー)のお譲りは毎朝御祈祷して参拝の方々にお授けしている。
第ニ番 瑞應山千本釈迦堂 大報恩寺
住所/京都市上京区今出川通り七本松上ル
TEL.075-461-5973
交通案内/市バス上七軒より北へ200m
ご案内/開創は、安貞元年(1227)で、通称「千本釈迦堂」の名で親しまれ、現本堂は応仁の乱にも唯一に免れた創建時のもので、京洛最古の国宝建造物である。
千本釈迦念佛、おかめ福節分会、成道会と大根だき等の行事が伝承されている。また、おかめ招福寺としても親しまれている。
新西国三十三ケ所第十六番札所。京都十三佛八番札所
第三番 京都成田山 慈尊院
住所/京都府宇治市大久保町上ノ山55-1
TEL.0774-43-1151
交通案内/近鉄京都線大久保駅より南へ500m
ご案内/寛永十九年一洞上人の開創する処であって、昭和三十三年、大本山成田山新勝寺の京都分院として再興し、関西地区に於ける成田山宗の一大霊場である。
本尊は不動明王を奉祀し、災難消除、交通安全の寺院である。
第四番 岩間山 正法寺
住所/滋賀県大津市石山内畑町82
TEL.077-534-2412
交通案内/JR石山駅より京阪バス中千町下車3キロ
毎月17日は石山駅より岩間寺ゆき直通バスあり
ご案内/御本尊は元正天皇御念持仏の千手観音立像で、雷除・厄除・汗かき観音と呼ばれる。
山内には雷神霊泉や、松尾芭蕉が蕉風を当地で確立したことにちなむ“芭蕉池”がある。
春秋ぼけ封じ祈願ほうろく灸の日(五月・十月十七日)
は多くの参詣客で賑わう。西国三十三ケ所第十二番札所。
第五番 秋葉山 玉桂寺
住所/滋賀県甲賀郡信楽町勅旨
TEL.0748-83-0716
交通案内/信楽高原鉄道玉桂寺前下車
JR石山駅より帝産バス信楽ゆき沢出下車1キロ
ご案内/奈良時代、淳仁帝が一時都を滋賀に移された時、仮御所となったのが始まり。
以後、歴代の尊崇を蒐め、歴史の尊厳と規模の広大を誇る名刹である。
境内には、弘法大師お手植の高野槙があり、天然記念物に指定されている。
第六番 補陀洛山 総持寺
住所/大阪府茨木市総持寺1-6-1
TEL.0726-22-3209
交通案内/阪急京都線総持寺下車300m
JR摂津富田より阪急のりかえ総持寺
ご案内/当山は亀を助けた縁により創建された。
古来より、子育て・厄除観音として信仰されている。
開山の中納言山蔭卿は本尊を刻まれる間の千日間、御料具膳をお供えされ料理の神様としても有名で、毎年包丁式が奉納される。
西国三十三ケ所第二十二番札所
第七番 佳木山 太融寺
住所/大阪市北区太融寺町3-7
TEL.06-6311-5480
交通案内/JR大阪、阪急、阪神、地下鉄梅田東へ300m
ご案内/弘仁十二年、嵯峨天皇の勅願により、弘法大師が創建す。
御本尊千手観世音菩薩は嵯峨天皇の念持仏。
一つの願いを叶えると言われる一願不動尊は、霊験あらたか。
境内には淀殿の墓、芭蕉の句碑あり。
近畿三十六不動尊霊場第六番。
新西国三十三ケ所第ニ番
第八番 再度山 大龍寺
住所/神戸市中央区再度山1
TEL.078-341-3482
交通案内/三宮そごう前より市バス25番系統森林植物園ゆき大龍寺山門下車。
但し4月第1日曜日より11月末までの日曜、祝日のみ。
7月、8月は毎日運行。
ご案内/神護景雲ニ年、和気清磨呂公が大龍の霊示によって建立され大龍寺と名付けられた。
弘法大師は当山本尊に入唐成就を祈願され、無事帰朝後感激を以て再度参山されたことに由来し、大師再登の霊山として再度山と称する。
近畿三十六不動尊霊場第九番札所。
第九番 日蔵山 七寳寺
住所/兵庫県神崎郡神崎町大山110
TEL.0790-32-0681
交通案内/JR姫路、寺前から神姫バス栗賀営業所を経由して「七宝寺前」下車。
播但自動車道を神崎北ランプで下り国道312号線を南へ1キロ
ご案内/法道仙人の開基にして、盛時七堂伽藍結構し、菊紋使用の院宣を賜うと伝える。
行事:修正会・柴灯護摩供・大般若転読・観音供・御影供・花祭り・春秋彼岸会・写仏・写経の暁天講座・施餓鬼会・除夜の鐘 等々
第十番 愛宕山 常瀧寺
住所/兵庫県氷上郡青垣町大名草481
TEL.0795-87-5145
交通案内/JR福知山線柏原下車。
山陰線京都方面よりは石生下車バス40分
ご案内/当山は、白雉ニ年法道仙人の開創で、亨保の初め中興光覚法印の時に現在の地に移る。元山上には国の指定大公孫樹(別名 乳の木)がある。
近年、特別ガン封じの寺として有名で、近畿楽寿観音第十四番・丹波七福神弁財天の札所にもなっている。