HOME > 略縁起

再度山大龍寺 略縁起

写真 神護景雲二年、称徳天皇の勅をうけた和気清磨呂公は、摂津の国に寺塔建立の霊地を求めて当地の山中まで来られたときのことであります。 公を暗殺しようとしてつけ狙っていた僧道鏡の刺客は、忽然と現われた一匹の大蛇に驚いて一目散に逃げ帰ってしまった。 危ないところを助けられた清磨呂公があたりを見まわしてみると、大蛇が消えた跡に「聖如意輪観世音菩薩」が立っておられたのであります。 霊験を感じられた公は、早速この地に伽藍を建立され寺名を「大龍寺」と名付けられました。 観世音がご出現になった場所は「蛇ケ谷」と称し「龍ケ滝」と共に霊蹟として現存しております。 又延歴ニ十三年、入唐される弘法大師は、旅の所願成就を御本尊に祈願されました。 その甲斐があって唐の長安で青龍寺の恵果和尚より秘密の大法を授けられ、大同元年に無事帰国されたのであります。 そして、帰朝報告奏上のため上京の途中、ふたたび当山に参籠され本尊に報恩謝徳のため七日間秘法を勤修されました。 弘法大師が再び登山されたというので「再度山」と呼ばれるようになり、修法された場所を「修法ケ原行場」と呼ぶようになりました。 従って当山には奇瑞霊験の伝説が多く、なかでも天授元年、後円融上皇が中風にかゝられた折、善妙上人が本尊に七日間の祈願をされますと霊験たちまち現われ、さしもの重い病いもご平癒になったので、宸翰、宝器を当寺に賜り本尊に深く帰依されたのであります。 このことが広く世間に伝わり(中風除け加持ご祈祷の寺)として有名となり、いらい、代々の住職がこの秘法を受け継いでおります。 鎌倉時代、度重なる戦火によって伽藍を失ないましたが、観応ニ年、摂津国司赤松円心は善妙上人を山主として中興し旧観をとりもどしたのであります。 しかし戦乱の世が続いたためその後再び荒廃していたのを唐招提寺の実祐上人が、寛文年間、尼崎城主光録居士の協力を受けて「弘法大師八十八ケ所」の霊場を勧請されるなど再興に努力され、上人没後は資賢上人が遺志を継いで現在の規模のものを復興されたものであります。 又、延室七年臨済宗の名僧高泉禅師が書かれたと伝えられている「大龍寺の記」は寺宝として今も大切に保存されております。 明治になると、廃仏棄釈によって、廃寺となる運命にあった当寺を、時の住職井上徳順和尚が地元の人とともに、法燈維持のために尽したので、東寺真言宗所轄の寺院として今日まで存置されることになったのであります。